ローコード開発のWebアプリケーション

Webアプリ開発・クラウド構築から運用までワンストップ

よく聞く高品質・安価とちょっと理由が違うかもしれません

DBXAP(ディービーザップ)は”Webシステムをもっと身近に!”をコンセプトに、Oracle APEXを利用した高品質なWebシステムを提供します。
クラウドのメリットと高効率開発を最大限に活かし、高品質、安価なシステムを実現します!

DBXAPのWebシステムはここが違う

インフラからWebシステム開発まで。

  • インフラ(サーバー)からWebシステムまで対応可能です
  • 既にOracle Databaseがある場合に相乗り可能です
  • Oracle Cloud内で完結したシステムをワンストップで提供出来ます
  • 既存システムの移行についてもご相談下さい
弊社からのワンストップの契約が可能です。与信管理などで問題がある場合でも、弊社パートナー(上場企業)を通した販売も可能です。

追加開発は開発費だけ、システム追加を簡単に。

  • 同じ環境にシステムを追加出来る為、開発費だけで追加出来ます
  • データベース機能やWebAPIによる連携が利用出来ます
  • SSO(シングルサインオン)連携が出来ます
新しいシステムをシステム開発会社に依頼する場合、インフラを含めて新しい環境に開発することが殆どだと思います。Oracle APEXは開発環境のフレームワークを含んでいる為、同じ環境に全く新しいアプリケーションを追加できます。

自分で開発出来る環境。

  • 一度構築した環境にお客様が追加開発してもサポートされます(※1)
  • 基本的にWebブラウザのみで、GUIベースの開発が可能な環境です。
  • お客様による開発をサポートするサービスもあります。
Oracle APEXの開発環境は、簡単なSQLとPL/SQLがわかれば、GUIで操作可能な環境です。レポートやマスタ管理の機能をお客様自身で追加することも可能です。

※1 Oracle APEXの開発画面の使い方や、開発方法についての質問などは別途の契約となります。また、弊社開発のアプリケーションのカスタマイズについてはサポートされません。

リリースまでの圧倒的なスピード感。

  • クラウド上に環境を立てればすぐに利用可能です
  • Oracle APEX の開発により、最短一カ月以内のリリース実績もあります
  • 動作確認から要件定義までお任せいただけます(※2)
最初の要件確認後、ある程度動作するモックアップでの確認などがすぐに出来るため、やり取りは最小限で済むようになります。

※2 ドキュメントは基本的に、環境の設定値を記載したパラメータシートと要件定義書(一部基本設計、機能一覧等を含む)の管理上必要なもののみとなります。詳細設計書などが必要な場合、金額が変わりますので先にお伝えください。

品質の高い高効率開発の理由

Oracle APEXによる生産性の高い開発

Oracle APEXはノンプログラミングでもWebシステムが構築可能な開発環境です。AjaxなどのWeb機能部分のコーディングは定義済みのGUI(画面操作開発)を利用し、迅速なアプリケーションの作成が可能です。また、開発効率の高いシステムは費用の削減にもつながります。

ローコード開発による高品質化

ローコードによる少ないステップで開発をすることは、コーディングに出来るだけ人の手を介さないことになります。このようなシステム開発は、バグの少ない高品質なシステムに繋がります。

基本はPL/SQLとSQLを用いた開発になります。手製のJava Scriptを組み込むことも可能ですが、製品ベンダー(Oracle)側のバグや、Oracle APEXのバージョンアップでの不具合などが懸念されるため、基本的に独自コードを利用した開発は最小限とさせていただいております。

アジャイル型開発による高品質化

DBXAPではOracle APEXの高効率な開発環境を活かし、お客様に開発途中での確認をして頂くアジャイル型の開発を行うため、手戻りが少なく、効率的かつ納得感のある開発を行うことが出来ます。

データベースにも強い開発

アプリケーションとデータベースを同じサポート、同じチームでの開発を行うことが可能であるため、チーム間のたらい回しが少なくなるなど、開発だけでなく、障害発生時などにも迅速な対応が可能となります。

DBXAPではこんなにメリットがあります!

素早い構築・導入が可能
開発規模や導入条件などによりますが、構築開始から最短1か月からの導入も可能です。
価格
効率的な開発による生産性により低価格なご提供が可能となります。また、Oracle APEXはOracle Databaseの追加オプション無しで利用できるため、既存のライセンスを利用したライセンス費なしの導入も可能となります。
サポート
弊社は日本オラクルより認定された、Oracle APEX対応ベンダーとなります。Oracle Database のサポートと同一の窓口でベンダー(Oracle)サポートが受けられます。アプリケーションまでの一貫したサポートが受けられ、従来あるような、データベースチームとアプリケーションチーム間でのやり取りを激減出来ます。また、ベンダー(Oracle)が開発環境からサポートしている為、バグ発生時の安心感はOSSと違ったものがあるかと思います。
発注前のサンプルサイト作成
DBXAPではOracle APEXの利点を最大限に活かし、発注前にサンプルサイトの作成を行います。テストデータの入ったサンプルサイトを元にご要望などをヒアリングするため、手戻りなどが従来と比較しずっと少なく、納得していただいた上での発注が可能です。
Oracle APEX標準機能、簡易的な部分のみ、インターネット上でのやり取りが出来る場合に限ります。
既存ライセンスの流用が可能
Standard Editionでも使えるため、余ったライセンスや、既存の余剰リソースを利用して構築することが可能です。
Oracle APEXの最新バージョンが搭載可能なデータベースでの導入となります。また、外部公開する場合などで、アプリケーションサーバを別途購入する場合はデータベース以外にも費用が必要になります。
付け足し開発が得意
Oracle Databaseを利用している既存システムの、あるデータ部分だけグラフ化したいなど、パッケージでは難しい付随的な開発が出来ます。
但し、こんなシステムには不向きです

デザインの細部までこだわりたい

Oracle APEXではある程度のCSSの指定などは可能ですが、テンプレートから著しく変更されてしまうような詳細な部分は、APEXアップデート時にレイアウトが崩れてしまう等のリスクを伴います。

周辺機器の操作などが苦手

直接つながったハードウェアの制御などは苦手です。例えばUSBでつながったスキャナーなどと連携するといったことは、OSコマンドやWebAPIによる連携を介した実装が必要になります。

価格概算

サーバー費用など全て含んだ形で、年間費用250万(月額21万)程度から対応可能です。
Webシステムの開発でそれだけの価値を生み出すか、0.5人分は作業が効率化される場合、ぜひご検討ください。

項目導入価格年間価格備考
Oracle APEXインフラ導入 IP制限プラン700,000円~2,500,000円~Oracle Cloud上に構築します。IP制限とパスワードによる認証及び、httpsによる暗号化を行います(弊社にて取得したドメインを含みます)。
データベース、Oracle Cloud 標準バックアップを含みます。
年40時間までのリモート保守対応を含みます。
Oracle APEXインフラ導入 VPNプラン1,200,000円~4,000,000円~IP制限プランに、貴社向けのVPN機器(レンタル)の導入費を含む価格です。インターネットVPNを想定した価格ですが、専用線等をご希望の場合もこちらでお問い合わせください。
データベース、Oracle Cloud 標準バックアップを含みます。
年40時間までのリモート保守対応を含みます。(すべてのプランにおいて、保守は基本リモート対応とさせていただきます。現地対応が必要な場合は別途ご相談ください。)
Oracle APEX構築のみ300,000円~-Oracle APEXの導入とORDSのインストールを行います。既存環境への導入を行い、保守は基本的にお客様で行う場合を想定しております。
1DB、ORDS(スタンドアロン)構築の価格です。(Oracle Databaseのライセンスに含まれるため、データベースと同じようにサポートの対応を受けることが出来ます。)
Oracle APEXアプリケーション開発600,000円~-年40時間までのリモート保守対応を含みます。(インフラと同じ枠を利用します)
弊社から以外の環境にて開発を行った場合は、別途保守料金を加算いたします。
Oracle APEX PoCお見積り-自前のシステムや外部システムなどの連携について、事前に確認が必要な場合、PoCの実施をご依頼頂くことが可能です。
ネットワークの状況や、Oracle Cloudの契約状況、対向先システムなどの利用可否などにより価格が変動いたします。
定期ヒアリング(月1回訪問)-360,000円(税抜き)こちらの価格に瑕疵以外の軽微な修正なども含みます。東京都心外の遠隔地となる場合、別途交通費を請求させていただくことがございます。不要の場合、特に申込みいただく必要はございません。

参考に、オンプレミス(実サーバー保有)で開発し、自社での対応や、外部に委託する場合の一般的な価格感を下記に記載します(これに3~5年ごとの機器の入れ替えや移行費用が掛かります)。また、他社へお見積りをとるとわかるかと思いますが、同じようなアプリケーションを作る場合でも、安いところに頼んだとしても、保守を含めずに2~3倍は費用感が変わってくると思います。DBXAPが安いということは、特に生産性の高さから来るもので、高品質であるという部分が大きな違いです。

項目導入価格年間価格備考
費用合計9,800,000円~11,722,000円~弊社のプランとこの価格を見比べて頂けると、価格の違いが判ると思いますが、まずはお客様の費用対効果が出るかで、しっかり判断をしていただきたいと考えています。
エントリモデル想定(完全に外部に委託する場合で、サーバーを外部のデータセンターに置く場合の想定です)
アプリケーションの費用は含んでいません。
内訳
SI費用(業者費用)5,000,000円10,800,000円サーバーキッティング、OS/ミドルウェアインストール、バックアップリカバリ。保守はVPN等含めすべての対応を出来る人物を想定(90万/月)。※ 費用は安めの見積りです。保守は常駐のSIを利用しない場合でも、機器の保守対応を外部に委託する場合は、それなりの費用がかかります。
機器・ソフトウェア費用4,800,000円~922,000円~
機器・ソフトウェア費用内訳
サーバ2,500,000円150,000円サーバ2台(AP/DBサーバ) 、ストレージ1台(4TB * 4玉)、保守はオプション無し
ミドルウェア2,100,000円462,000円Oracle SE2のみ想定
ネットワーク(VPN含む)200,000円360,000円VPN機器(レンタル/貴社+データセンター)、回線工事
(Firewall, スイッチ, ルーター, IDS等を考慮に入れていません。スイッチ、ルーター等は、サーバー用途を購入する場合、サーバー並みの価格となります。)

お見積り・ご質問

以下フォームよりお気軽にご連絡ください。

以下の拡張子についてアップロードが可能となっております。
エクセルファイル(xlsx、xls)
ワードファイル(doc、docx)
パワーポイントファイル(ppt、pptx)
圧縮書庫(zip、lzh)
画像(gif、png、jpg、jpeg)
テキスト、PDF(txt、pdf)
zipファイル内などに上記以外のファイル拡張子がある場合、メールが届かないことがございます。

個人情報保護方針

株式会社シックススクウェアジャパン(以下「当社」といいます。)は、当社の提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)における、ユーザーについての個人情報を含む利用者情報の取扱いについて、以下の通りプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」といいます。)を定めます。

1. 収集する利用者情報及び収集方法

本ポリシーにおいて、「利用者情報」とは、ユーザーの識別に係る情報、通信サービス上の行動履歴、その他ユーザーのスマートフォン、PC等の端末においてユーザー又はユーザーの端末に関連して生成又は蓄積された情報であって、本ポリシーに基づき当社が収集するものを意味するものとします。本サービスにおいて当社が収集する利用情報は、その収集方法に応じて、以下のようなものとなります。

(1) ユーザーからご提供いただく情報
ユーザーが本サービスを利用するために、ご提供いただく情報は以下の通りです。

  • 会社名
  • 氏名
  • メールアドレス
  • その他当社が定める入力フォームにユーザーが入力する情報

(2) ユーザーが本サービスを利用するにあたって、当社が収集する情報
当社は、本サービスへのアクセス状況やその他ご利用方法に関する情報を収集することがあります。
これには以下の情報が含まれます。

  • 端末情報
  • ログ情報
  • Cookie及び匿名ID

2. 利用目的

2-1利用者情報は、2-2に定めるとおり本サービスの提供のために利用されるほか、2-3に定めるとおり、その他の目的にも利用される場合があります。

2-2本サービスのサービス提供にかかわる利用者情報の具体的な利用目的は以下のとおりです。

  1. 本サービスに関する登録の受付、本人確認、利用料金の計算等本サービスの提供、維持、保護及び改善のため
  2. 本サービスに関するご案内、お問い合わせ等への対応のため
  3. 本サービスに関する当社の規約、ポリシー等(以下「規約等」といいます。)に違反する行為に対する対応のため
  4. 本サービスに関する当社の規約等の変更などを通知するため
  5. 上記の利用目的に付随する利用目的のため

2-3上記2-2以外の利用目的は以下のとおりです。

利用目的 対応する利用者情報の項目
(1) 当社のサービスに関連して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため ・その他当社が定める入力フォームにユーザーが入力する情報
・アンケート等により収集した情報のうち、利用方法に関する許諾を得た情報
(2) その他マーケティングに利用するため ・氏名
・メールアドレス
・その他当社が定める入力フォームにユーザーが入力する情報
・アンケート等により収集した情報のうち、利用方法に関する許諾を得た情報

3. 通知・公表又は同意取得の方法、利用中止要請の方法

ユーザーは、本サービスの所定の連絡を行うことにより、利用者情報の全部又は一部についてその利用の停止を求めることができ、この場合、当社は速やかに、当社の定めるところに従い、その利用を停止します。なお利用者情報の項目によっては、その収集又は利用が本サービスの前提となるため、当社所定の方法により本サービス利用を終了した場合に限り、当社はその収集を停止します。

4. 第三者提供

当社は、利用者情報のうち、個人情報については、個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除くほか、あらかじめユーザーの同意を得ないで、第三者に提供しません。但し、次に掲げる場合はこの限りではありません。

  1. 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合
  2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
  3. 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ユーザーの同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  4. その他、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

5. 個人情報の開示

当社は、ユーザーから、個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められたときは、ユーザーご本人からのご請求であることを確認の上で、ユーザーに対し、遅延なく開示を行います(当該個人情報が存在しないときにはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。

6. 個人情報の訂正および利用停止等

6-1 当社は、ユーザーから、(1)個人情報が真実でないという理由によって個人情報保護法の定めに基づきその内容の訂正を求められた場合、及び(2)あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由又は偽りその他不正の手段により収集されたものであるという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用の停止を求められた場合には、ユーザーご本人からのご請求であることを確認の上で遅延なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正または利用停止を行い、その旨をユーザーに通知します。なお、合理的な理由に基づいて訂正または利用停止を行わない旨の決定をしたときは、ユーザーに対しその旨を通知いたします。
6-2 当社は、ユーザーから、ユーザーの個人情報について消去を求められた場合、当社が当該請求に応じる必要があると判断した場合は、ユーザーご本人からのご請求であることを確認の上で、個人情報の消去を行い、その旨をユーザーに通知します。

6-3 個人情報保護法その他の法令により、当社が訂正等または利用停止等の義務を負わない場合は、前2項の規定は適用されません。

7. お問い合わせ窓口

ご意見、ご質問、苦情のお申し出その他利用者情報の取り扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願い致します。

株式会社シックススクウェアジャパン(ホームページ内の「お問い合わせ」よりご連絡お願いいたします。)
https://sixsquare.co.jp

8. プライバシーポリシーの変更手続

当社は、利用者情報の取り扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーを変更することがあります。変更した場合には、ご利用時にご入力頂きましたユーザーのメールアドレス宛にメールによる通知を行います。但し、法令上ユーザーの同意が必要となるような内容の変更の場合は、当社所定の方法でユーザーの同意を得るものとします。

48時間以内に担当者より返信がない場合は配信不備などが考えられます為、お手数おかけしますが再度ご送信お願いいたします。

本ウェブサイトにおける商標について
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
Microsoft、MSは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。