Oracle APEXにおけるGUIを用いたテーブルの作成

Oracle APEX 技術記事

こんにちは!平野です。

本日はOracleAPEXでテーブルを作成します。
Oracle APEXでは、テーブルを生成してから画面を作るのが基本的な手法となります。
このテーブルの作成がコードを書かずにGUI上でできてしまいます。今回はその方法について説明します。

Oracle APEXの環境を持っていない方は以下記事を参考にしてください。
開発者ブログ – ローコード開発ってどうやるの?(Oracle APEX)

更新履歴

日付 更新概要
2020/09/08 記事公開
2020/11/25 記事更新

対応バージョン

製品名 バージョン
Oracle APEX 5.1 – 20.1.0.00.13
Oracle Database 12.2 – 19.6

目次

必要な要素を考える

簡単なタスク管理アプリを開発すると仮定し、以下のようなタスク管理アプリの機能で考えてみます。

  1. 複数の利用者(ユーザー)がタスクを入力
  2. 入力されたタスクは利用者ごとに確認可能
  3. タスク完了の予定日が近くなるとメールが飛ぶ
  4. タスクが完了したらデータを消す

まずは、テーブル作成に必要な要素を考えてみます。

テーブル名:TASK_LISTS

列名 説明 データ型 スケール NULLを許可
ID 作成されたタスクごとに付与 NUMBER いいえ
USERNAME タスクを作成したユーザーの名前 VARCHAR2 255 いいえ
TASK_TITLE タスクのタイトル VARCHAR2 255
TASK_CONTENT タスクの内容 VARCHAR2 4000
TASK_DEADLINE タスクを完了すべき期日の設定 DATE

要素ごとのデータ型に関してはOracleの公式マニュアルSQL言語リファレンスを参考にしてくだい。

以上のように想定してみました。
このテーブルの定義をもとに、Oracle APEXのGUI操作でテーブルを作成していきます。

GUI操作の手順

GUI操作の手順を説明していきます。

  1. OracleAPEXにサインインして、SQLワークショップを開きます。
    画像1

  2. オブジェクト・ブラウザを開きます。
    画像2

  3. 右上の+マークをクリックして表を選択します。
    画像3

  4. 今回仮定したテーブル定義を入力します。
    画像4

  5. 新規順序から移入を選択し、主キーをIDとして下さい。
    画像5

  6. 外部キー・制約についてはそのまま設定せず次へを選択してください。必要となった場合は後から設定することも可能です。

  7. 表の作成を選択してください。
    画像6

今回GUI上で作成したテーブルのSQL文が自動生成されています。
表の作成ページにあるSQLというタブをクリックすると見ることができます。

これでテーブルが完成しました。

作成したテーブルは、オブジェクト・ブラウザ画面から参照できます。
最近作成された表から直接オブジェクト・ブラウザのTASK_LISTSテーブルを確認することもできます。
オブジェクト・ブラウザでは、列の追加や列名の変更などいつでも行うことができます。
画像7

おわりに

いかがだったでしょうか。
テーブルの要素だけ考えてしまえば5分もかからずテーブルを作成することができます。
もちろんSQLコマンドを直接記入してテーブルを作成することも可能です。
こういった開発における柔軟性がOracle APEXの強みの1つと言えます。

是非ともご参考にしていただければと思います。

ありがとうございました!

関連記事

  1. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEX メジャー・バージョンのアップグレード

  2. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEXの開発をAzure ADでゼロトラストな環境に

  3. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEXのインストール(Oracle Applicati…

  4. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEXにおけるGUIを用いたテーブルの作成2(外部キー…

  5. Oracle APEX 開発 概要編

  6. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEXのインストール(Oracle Applicati…