Oracle APEX 20.2での非サポート機能について

Oracle APEX 技術記事

こんにちは、亀井です。

Oracle APEX 20.2でいくつか重要な機能が非サポートとなっていました。
しっかり確認後にアップグレードすることをお勧めします。

更新履歴

日付 更新概要
2020/11/26 記事公開

対応バージョン

製品名 バージョン
Oracle APEX 20.2
Oracle Database 12.2 – 19.6

目次


非サポートとなった機能について

以下のOracle APEX 20.2のリリースノートをもとに非サポートとなった機能について確認します。

Oracle Application Express Release 20.2 Release Notes 6.1 Desupported Features

非サポートとなった機能の一覧

以下の機能が非サポートとなっています。

  • Tabular Forms Desupported
    表形式フォームの非サポート
  • Desupported Web Listeners
    Webリスナーの非サポート
  • Internet Explorer 11 Desupported
    IE11の非サポート
  • Calendar PDF Printing Desupported
    カレンダーPDF出力の非サポート
  • Desupported Productivity Apps
    生産性アプリケーションの非サポート(一部の生産性アプリケーションが非サポートになりました)
  • Desupported JavaScript Functions
    JavaScript機能の非サポート(一部機能)
  • Legacy Team Development Desupported
    レガシーチーム開発の非サポート(新しいチーム開発の機能がリリースされています)

この中で特に重要な以下3つについて簡単に説明します。
* 表形式フォームの非サポート
* Webリスナーの非サポート
* IE11の非サポート

表形式フォームの非サポート

こちらはAPEX_ITEMを利用してクラシックレポートの表形式のレポートにフォームを埋め込むような処理についての非サポートの旨が記載されています。
APEX_ITEMについてはレガシーコードとみなされるため、新規の開発では利用しないように言及されています。

Webリスナーの非サポート

こちらはWebリスナーとしてはORDS(及びORDSをデプロイしたApache/WebLogic Server)のみサポートされる旨が記載されています。
今までサポートされていた以下のWebリスナーはサポートされません。PL/SQL Gatewayを利用してデータベース単体で動かすことが出来なくなっているので注意してください。

  • Oracle HTTP Server (mod_plsql)
  • Embedded PL/SQL Gateway

IE11の非サポート

IEがついにサポートされなくなりました。
引き続きMicrosoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox、Apple Safari の現行又は以前のメジャーバージョンがサポートされます。

IEユーザーはMicrosoft Edge等のブラウザの移行が必要です。

関連記事

  1. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEX有効化と確認(コンテナ構成)

  2. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEXの開発をAzure ADでゼロトラストな環境に

  3. Oracle APEX 技術記事

    OracleAPEXにおけるタスク管理アプリ開発(入力フォームのカスタ…

  4. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEX のブラウザ印刷について

  5. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEXのインストール(Oracle Applicati…

  6. Oracle APEX 技術記事

    Oracle APEX メジャー・バージョンのアップグレード